吃音症の治療に関して

生活・健康

きつおんとは言葉がなめらかに話せない疾患または障害となっています。

以前に比べて表示される回数が気になるくらいに上向いている吃音(どもり)についてのニュースは調べてみようと思いませんか。

吃音(どもり)に関しては知っておいたほうが良いと思っていたという方も、そこそこいるかもと思います。

だったらと、勝手ながら吃音(どもり)の話題になっていたツイートや記事などを、できる範囲で共有しますね。

吃音=どもりと表現されますが、近年では『どもり』という言い方は、差別用語や放送禁止用語と扱われるようになり世の中などでは聞かれなくなっています。

吃音症の原因は、発達におけるものと後天的要素のものの二つが挙げられます。

吃音の度合いや吃音の症状が出る言い方や事態はみんな違っていて様々です。

吃音の症状を分類すると連声型、伸発型、難発の3つあります。

現代ではこれ以上振り分けて特徴に特化した分類が求められています。

それから、吃音症は男子よりも女子が少ないという結果が出ています。

これは、女子が早く胸式の呼吸に変わっていくことが影響を与えているとといった見方もあるのですが、吃音の原因が呼吸の仕方に関係している絶対的な理由を見つけるのは難しいようです。

診断は主に吃音(どもり)の治療を手がけている言語障害などを治療する言語聴覚士 (ST) の資格を持っている耳鼻科の病院の医師が行います。

治し方にはいろいろあるみたいですが、程度や発症時期毎に違い必ずしもこれが正しいという答えはありません。

吃音の治療をする上でそれ自体が本人の大変な負担になっていることも考えられます。

より気になる情報はヤフー検索等で確認してはどうでしょうか。

mrm吃音内容
mrm吃音改善
mrm吃音どもり

関連記事